エイスキ

オンライン英会話を中心に英語学習法

【英語で漫画】おすすめ作品ランキング【読んだものだけ紹介】

漫画好きで、英語の勉強をしているあなたにおすすめなのが、英語版の漫画です。

日本の漫画は、幅広く英語に翻訳されて、Amazonや楽天Koboですぐにダウンロードして読むことができます。

電子書籍端末がなくても、スマホやタブレットにアプリを入れれば読めるので、紙の本しか選択肢がなかった時代と比べて、本当に良い時代になりました。

この記事では、私エイスキ(@eisuki19)が実際に読んだ中で、おすすめの英語版の漫画ランキングを紹介します。

 

※ランキングは現在も更新中です

 

 

1位 Death Note

一番のおすすめは、漫画からアニメ化、実写版の映画化もされたデスノートです。

あらすじ

名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月(やがみ らいと)と、名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。(引用元:DEATH NOTE - Wikipedia ※一部改変あり)

作品情報

原作が大場つぐみ、作画が小畑健の二人で産み出され、週間少年ジャンプに掲載された作品。完結済み。単行本で全12巻。

おすすめポイント

とにかくセリフが多いので、漫画でも大量の英文を読めます。キャラクター達も癖のない言葉使いをするので、英文も読みやすいです。

おすすめできないポイント

かなりの頭脳戦で読む方も頭を使うので、きっちり意味を理解しないとストーリーを追えなくなるかもしれません。

 

Tsugumi Ohba (著), Takeshi Obata (イラスト)

2位 Bakuman。

二番目のおすすめは、こちらもアニメ化、映画化(実写)もされたバクマン。です。

あらすじ

高い画力を持った真城最高と文才と発想に長けた秀才である高木秋人を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のり・その活動を描く。(引用元:バクマン。 - Wikipedia

作品情報

先に紹介したデスノートと同じコンビ、原作が大場つぐみ、作画が小畑健の二人で産み出され、週間少年ジャンプに掲載された作品。完結済み。単行本で全20巻。

おすすめポイント

デスノートと同じコンビで描かれた作品で、このバクマンもセリフが多い。夢を追う少年二人を描く作品で、ワクワクしながら読めます。
ストーリーもわかりやすく、出てくる単語も簡単なものが多いので、読みやすい。

おすすめできないポイント

ストーリーが少し子ども向けと思う人もいるかも。(私は結構好きな作品ですが)

シリアスな話が好きなら、デスノートの方がおすすめ。

 

3位 Tokyo Ghoul

次のおすすめは、東京喰種(トーキョーグール)。個人的には、今でも読み続けている作品ですが、少しグロい描写もあるので、読む人を選ぶかもしれません。

あらすじ

現代の東京を舞台に、人の姿をしながら人肉を喰らうことで生きる「喰種(グール)」をテーマにした作品。(引用元:東京喰種トーキョーグール - Wikipedia

作品情報

石田スイのデビュー作。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2011年41号から2014年42号まで連載。完結済(続編あり)。単行本全14巻。

おすすめポイント

単なるグロい漫画と思いきや、人間とグールーの中間にいる主人公の心理描写もあり、大人も楽しめます。今までにない作品で、次の展開が読めないです。

おすすめできないポイント

少しグロい描写もあるので、苦手な人もいるかもしれません。
この漫画の世界だけの特殊な用語が出て来てくるので、日本語のサイトで予習した方が良い。あと、少し汚い単語が多めです。

 

 

正直、4位以下はあまりおすすめできないですが、検討されている方の参考になるかと思い、紹介します。

 

4位 バイリンガル版 君の名は。

次におすすめするのは、映画の「君の名は。」を漫画にした作品。バイリンガル版というとおり、日英が併記されています。

あらすじ

東京に暮らす少年と飛騨の山奥で暮らす少女の身に起きた「入れ替わり」という謎の現象と、地球に接近する彗星をめぐる出来事を描いた作品。(引用元:

君の名は。 - Wikipediaを一部改変)

作品情報

原作は映画で、世界中でも観られた新海誠監督のアニメーション作品。バイリンガル版の漫画は全3巻で完結。

おすすめポイント

映画を観たことがあると、ストーリーがわかるので、話がわからずに置いてけぼりになりにくいです。日本語も併記されてるので、英語だけの作品より、とっつきやすいでしょう。

おすすめできないポイント

映画が好きな人は、漫画では映画の世界観やスピード感が再現されていないので、楽しめないかもしれません。また、バイリンガル版ということで、日本語が併記されていますが、逆にそれがノイズになって、英語で作品に入り込めない。

 

琴音 らんまる (著), kazuma (著), 新海 誠 (その他)

5位 Barakamon

最後は、「ばらかもん」という作品。私も洋書で初めて知った作品ですが、原作は結構人気の高いようです。「ばらかもん」は、五島列島方言で「元気者」の意とか。

あらすじ

書道家の半田清舟は、ある受賞パーティーで自作を酷評した書道展示館の館長を感情に任せて殴りつけてしまう。見かねた父親は半田に「(自分の)人間として欠けている部分」を見つけさせるため、彼を自然豊かな五島へと送り込む。(引用元:ばらかもん - Wikipedia

作品情報

作者はヨシノサツキで、最初の3話は『ガンガンパワード』、その後は『ガンガンONLINE』に移し2009年2月21日から2019年1月10日まで公開。全18巻で完結済みです。

おすすめポイント

島の人たちの温かさを感じられ、都会の生活で冷たくなった心を温め田舎の良さを思い出させてくれる。のんびり、時には笑いながら読める漫画です。

おすすめできないポイント

島の方言を再現するためか、英語もかなり崩されていて、ノンネイティブが読むには難しい。日本語で読むべき漫画だと思います。

 

Satsuki Yoshino (著, アーティスト)


現時点で読んでいるのは5作品だけですが、今後も追加していきます。


なお、電子書籍はスマホやタブレットで読めますが、専用の電子書籍リーダーで読むのがおすすめです。

私が使っているのはAmazonのKindleです。
・バッテリーの持ちが良い
・集中して読書ができる
・目が疲れにくい

ので、私はKindle端末で読書することが多いです。

32GB/Wifiモデル/広告無し/Kindle Unlimitedなし
 

 

楽天ブックスのユーザーならKoboの端末がおすすめです。

小型モデルが進化!8GB & 高解像度ディスプレイ搭載