エイスキ

オンライン英会話を中心に英語学習法

スタディサプリENGLISH TOEIC対策をおすすめする3つの理由【TOEIC900に貢献】

スタディサプリ ENGLISH でTOEIC900点取ったエイスキ(@eisuki19)です。

TOEIC対策アプリとして有名なスタディサプリ ENGLISH のTOEIC対策。

長年叶わなかったTOEIC900点が取れたのは、このアプリのお陰と言っても過言ではありません。

約5年も895点止まりだったのに、スタディサプリ ENGLISH をやったら900点取れた!

この記事では、「TOEIC900の私がスタディサプリENGLISH TOEIC対策をオススメする3つの理由」を紹介します。

・動画講義でTOEICのコツがわかるから
・リスニング対策が最強だから
・スマホでいつでもどこでもできるから

\7日間の無料体験はこちら/
スタディサプリ ENGLISH

動画講義でTOEICのコツがわかるから

TOEICのPart2で1問でも落とす人はこの動画見てほしい!

この動画のように、TOEIC満点講師の関正生先生が、問題の解き方、復習方法、試験での姿勢を語ってくれます。

ほぼTOEIC対策を知らずに来た私は、目から鱗(うろこ)が落ちる話ばかりでした。

私はTOEIC問題の復習を軽視していましたが、「問題を解いて解説読んで終わりは力がつかない」と断言されていて、心構えが変わりました。

・どう復習するか。
・TOEICの傾向
・どこに集中してリスニングに望むか
・満点の人がどんなマインドで解いているか

など、TOEICのスコアアップに必要なノウハウ満載の動画講義なのです。

TOEIC初心者から、ハイスコアを目指す人まで、全員に学びがある動画講義です。

30~40時間あれば講義動画は見終わるので、TOEIC直前対策にも使えます!

 

リスニング対策が最強だから(ディクテーション&シャドーイングやりやすい)

スタディサプリ ENGLISH のお陰で、TOEICのリスニングは480点(495点満点中)が取れました。

スコアアップに役立ったのが、「ディクテーション」と「シャドーイング」です。

 

音を聴いて文章を書き取ること。きちんと聞かないとできないので集中する。自分が苦手な音がわかる。普通にやると、紙とペンを用意して、答え合わせが面倒で時間がかかる。が、効果は絶大。

聴いた音を口で繰り返すこと(声を出さなくてもOK)。シャドーイングができるようになると、いつでもどこでも英語の勉強ができるようになるので、ぜひ身につけたいスキル。

 

ディクテーションとシャドーイングをするためには、集中して何度も聞かなくてはならないので、必然的にリスニング力が上がります。

で、このスタディサプリ ENGLISH は、ディクテーションとシャドーイングがやりやすいんです。

 

・再生プレイヤー(速度調整できるもの)
・紙(ノート)
・ペン
・単文で区切られた音声(何度も巻き戻して繰り返し聞くので)

これらの代わりにスマホ1台で完結するので、スタディサプリ ENGLISH はディクテーションもシャドーイングも圧倒的にやりやすいです。

f:id:eisuki:20200713230843j:plain

どちらもできるようになったのは、スタディサプリ ENGLISH のお陰!

逆に、画面の小さいスマホでやる特性から、長文リーディング対策(Part6と7)には向いてません。

スマホでいつでもどこでもできるから

f:id:eisuki:20200713232241p:plain

毎日仕事をして帰って、家事や育児に介護に追われていると、ゆっくり机に向かって勉強する時間なんてありません。

スタディサプリ ENGLISH は、スマホがあればいつでもどこでもTOEIC対策ができます。

・朝起きたらベッドで関先生の動画を見る
・通勤電車の中で問題を解く
・徒歩通勤中にリスニング(シャドーイング)
・寝る前にソファでTOEIC単語を暗記する

こんな感じで、すきま時間をかき集めれば、毎日1~2時間は確保ができます。

勉強というと、問題集を開いて机に向かって問題を解くことをイメージしがちですが、スタディサプリ ENGLISH なら、横になってもTOEIC対策ができます。

好きなときに好きな場所でTOEIC対策をすれば良いのです。

まとめ

この記事では「スタディサプリENGLISH TOEIC対策をオススメする3つの理由【TOEIC900取得】」を紹介しました。

TOEIC対策が苦手な方でも、このスタディサプリ ENGLISH なら、効率的に勉強ができます。

あなたも目標スコア達成を目指しませんか?

\7日間の無料体験はこちら/
スタディサプリ ENGLISH

最後までお読みいただきありあがとうございました。エイスキ(@eisuki19)でした。