エイスキ

オンライン英会話を中心に英語学習法

TOEIC900点を取るまでに使った単語帳まとめ(大学受験~TOEIC用)

本屋でもTOEIC用の単語帳があふれていて、どれが良いのか選ぶのが大変です。

 

周りにおすすめされても、自分の好みでなかったり、レベルに合っていなければ、効果は出にくいです。

 

また、中学・高校レベルの基礎単語を知らなければ、どれだけTOEIC単語を暗記しても、スコアは伸びません。

 

この記事では、TOEIC900点を取得しているエイスキ(@eisuki19)が、学生時代から振り返って、どんな単語帳を使ってきたか紹介してみます。

 

中学時代(高校受験)には単語帳は使ってない

まず、私が中学生の時には、高校受験を含めて単語帳の暗記はしたことがありません。

というのも、中学英語であれば、日々の英語の授業に取り組んでいれば、単語暗記が必要なかったからです。

 

毎日、教科書の知らない単語は辞書調べて、意味と発音記号をノートに書き込んでいました。

 

この作業を日々繰り返し、定期テスト前に復習することで定着させたことで、高校受験含めて英語のテストで苦労したことはありませんでした。

 

まず、中学英語の単語に抜けや漏れがなかったことで、以降の英語学習がしやすくなったことは間違いありません。

 

中学時代に英語をサボってしまったのであれば、基礎単語からやり直した方が結果的に近道でしょう。

大学受験編

ターゲット1900

私が初めて英単語帳に真剣に取り組んだのが、ターゲット1900です。大学受験では定番の単語帳の一つですね。

 

高校でも、定期テストくらいであれば、単語に苦戦することはありませんでした。

しかし、大学受験のための模試を受けて、人生で初めて英語で挫折したのです。

 

長文問題を読んでも、わからない単語ばかりで、全く正解が選べなかったのです。

その時に、先生におすすめされたのがターゲット1900でした。

 

1つの単語に1つの例文とシンプルな構成で、極めてオーソドックスなスタイルです。

 

丁寧に単語を暗記したおかげで、センター英語では9割を超えることができ、私立の英語(MARCH、関関同立クラス)でも戦うことができました。

 

大学在学中

いつ買ったのか覚えてないのですが、単語帳界では有名なDuoもやりました。

たぶん大学在学中に、講義で知らない単語に出会うことが多く、単語力に課題を感じていたのだと思います。

 

今思うと、講義で使われた素材(ニュース記事、洋書、海外の論文)からすると、Duoのレベルでは、到底太刀打ち出きるはずもないのですが。

 

最低限の例文に、これだけの単語を詰め込んでいるのは秀逸だと思います。

TOEIC用にDuoをおすすめする方がいるようですが、相手のレベルを知らずに一律におすすめするのは難しいです。

 

個人的には、高校時代に英語が得意だった方は、単語レベルも相応でしょうから、大人になってからDuoはやらなくて良いと思います。

 

TOEIC対策用の英単語帳から取り組んだ方がスコアアップの近道でしょう。

 

TOEIC対策

ようやくTOEIC対策の単語帳です。


中学高校で英語が得意だった方は、TOEIC対策の単語帳からスタートでOKと思います。

 

スピードマスター

私のTOEIC単語対策は、このスピードマスターが中心です。

 

初受験でTOEIC750点を取り、その後895点までスコアを伸ばせたのはこの単語帳のお陰です。

 

かなり分厚い単語帳ですので、万人におすすめできるものではありませんが、

・TOEICでハイスコアを目指したい
・一冊でTOEIC単語は終わらせたい
・TOEIC後まで見据えた単語対策をしたい

という方には、是非この一冊をやりこんで欲しいです。

 

私が使ったのは、改訂前のバージョンですが、基本的なコンセプトやレベル感は改訂後も変わらないと思います。

Amazonのレビューで賛否が分かれています。

 

かなり骨太の英単語帳なので、軽い気持ちで選びにくく、使う人を選ぶ単語帳かもしれません。

 

スタディサプリTOEIC対策コース

最後は、TOEIC900点を獲得した際に使ったアプリです。

TOEIC対策ブログで良く見かけると思いますが、私もTOEIC900を獲得した際にお世話になりました。

 

TOEIC対策全般ができるアプリで、その中に単語対策も入っている感じですね。

1,400もの英単語が収録されていて、1ヶ月で完璧に暗記してTOEICに臨んだところ、本番でも知らない単語に出会うことがなくなりました。

 

もちろん、中学英語、ターゲット1900、Duo、スピードマスターで積み上げがあってこそと思います。

 

ただ、特に近年の傾向に合った、出題頻度の高いTOEIC単語を覚えるのには向いています。

 

私のように、机に向かって公式問題集を解くのは苦手、単語帳を持ち歩きたくない、という方は、このアプリだけでTOEIC対策できます。

 

逆に、TOEICの公式問題集が好き、単語帳は他に自分に合うものを選んでいるなら、あえてこのアプリを選ぶ必要はないでしょう。

 

買ったけどやらなかったもの

最後に、私自身が購入したものの、きちんと取り組むことができなかった単語帳も紹介しておきます。

金フレ

TOEIC学習者だったら、一度は聞いたことがあるのが「金のフレーズ」でしょう。最新の出題傾向に合った単語帳として有名で、TOEIC単語帳として一番おすすめされるくらいです。

 

私も購入したのですが、結局やらずじまいでした。

 

というのも、フレーズで覚えるのが肌に合わなかったんです。

覚えられる気がしなかったので、早々に撤退してしまいました。

 

キクタンTOEIC990

TOEIC900の壁が破れずに迷走していた頃に購入したのがこの本でした。

 

この本の特長は、CD音声です。

音楽に合わせて、英単語→日本語訳が流れていくので、単語帳を開かなくても覚えられるのです。

 

自分に足りないのはTOEIC単語と思ったのは良かったのですが、レベルの高い単語帳が必要と思ってしまったのですね。

 

確かに単語レベルは高いのですが、TOEICに出題頻度の低い単語も収録されているようです。

 

今思うと、自分に必要だったのはハイレベルの単語ではなく、TOEICに出題頻度の高い単語をきっちり覚えることでした。

(おまけ)TOEIC900点の後に取り組んでいる単語

TOEICスコアアップが目標でなくなり、どんな単語でも暗記してやろうという気になりました。

 

単語帳を持ち歩いて暗記するのが面倒なため、今はmikanという英単語アプリを使って(一部はAnkiにも登録して)、スキマ時間に単語暗記に取り組んでいます。

 

関連記事:【1.5ヶ月で3000語暗記】英単語アプリmikanの効果的な使い方【毎日20分】 - エイスキ